贈与の活用

税制改正で、贈与がしやすくなりました。贈与をすべきかどうか?迷う前にご相談下さい。

贈与とは

生前贈与とは、被相続人が死亡する前に、自分の財産を人に分け与えることを言います。
一般的に、贈与に対して発生する贈与税は、相続で発生する相続税よりも基礎控除額が低く、税率も高くなっているため、贈与は相続よりも不利になることが多いです。
しかし、政策的に贈与に対する優遇措置が盛り込まれていますので、この機会に是非考えてみたいものです。

贈与を活用するメリット

贈与を活用すると以下のようなメリットがあります。
贈与税には、一人当たり年110万円の基礎控除があるため、計画的に活用すれば相続財産を大幅に減らすことができます。
※必ず事前に専門家にご相談の上、判断下さい。
・婚姻期間20年以上の配偶者からの贈与である
・居住用不動産または、居住用不動産を取得するための金銭の贈与である
・過去にこの制度の適用を受けていない(同一夫婦間で一度だけ)
・贈与を受けた年の翌年3月15日までに贈与された(又は取得した)

居住用不動産を居住の用に供し、その後も引き続き居住する見込である
・贈与税の申告をする
以上の要件を満たした場合に限り、課税価格2,000万円(基礎控除と合わせると2,110万円まで)控除できます。
相続では、法定相続人以外には財産を渡すことができませんが、贈与の場合は、自らの指定した相手に財産を渡すことができます。
贈与と相続のどちらを選択するかの判断は難しいため、自分で判断せず、必ず専門家に相談することをお勧めします。
詳しくは贈与と相続、どちらが得?をご覧ください

生前贈与サポート

生前贈与サポート_日本資産総研名古屋
初回相談無料(60分)。贈与と相続のどちらが得か?は専門家でないと判断が難しいものです。今すぐお電話ください。土日の相談も可能です。(要予約)

贈与の関連ページ

ご相談・申込み_みどり経営グループ
ページの先頭へ